薄毛対策の歴史

薄毛対策の歴史を遡るととても古く、かつらのようなものを着用する文化は、古代ローマの時代からあったと言われています。また、日本でも、育毛剤は、毛生え薬という名前で、江戸時代から存在していたと言います。
毛生え薬は、古くは、動物の脂を塗ることで効果があると信じられてきました。

紀元前1500年頃の古代エジプトでは、そのような脂を塗る習慣があったのではないかと研究されているのです。

薄毛はつらい

植毛という技術は、頭皮に直接人工毛を生やすというものですから、高度な技術が必要なものでもありました。パンチ・グラフト植毛という移植の技術を発表したのが日本人であるという点は特筆すべき点ですが、その技術を確立したのは、アメリカの、ノーマン・オレントライヒ医師であります。

1960年頃からこの手法は使われ、1990年代まで主流となっていたのです。
現在では、最新の薄毛対策として、HARG治療と言われるものを使っています。

ハーグ治療と読み、アミノ酸などを直接頭皮に注入してヘアサイクルを元に戻すという治療法です。
こちらは今、話題の再生医療による治療で、発毛率は90パーセント以上と言われているのです。

この方法を用いれば、薄毛の原因に関係なく治療を行うことができます。また、アレルギー物質などは含まれておらず、副作用に関しては心配ないと言われています。

デメリットとしては、期間が長くかかってしまうことと、高額になってしまうことが挙げられます。

http://エタラビ口コミ予約.com/

増毛による対策

増毛は、植毛と比較した際に、身体的なリスクがより少ない薄毛対策として知られています。

増毛の技術は日々進化していて、一気に増毛しなくとも、部分ごとに段階を踏んで薄毛対策することも可能ですので、自然な仕上がりが期待できるものでもあります。
増毛のバリエーションをクリニックと相談し、ご自身の使用感を考えて増毛を選ぶことも可能です。

増毛もひとつの方法

増毛のバリエーションの例を挙げておきますと、編み込み式の増毛というものがあります。
ご自身の髪の毛に特別な糸を編み込んで、それを土台にして増毛していきます。
途中でずれたり、外れたりという、かつらのようなリスクはありません。

髪の毛や頭皮に負担のかからない増毛法と言ってよいでしょう。
デメリットとしては、自分の髪の毛の成長によってメンテナンスが必要になってくることでしょうか。

顔脱毛の口コミ情報を見て申し込みました

時間がかなりかかってしまうことも合わせてデメリットであると指摘しておきます。
髪の毛1本につき、人工毛を5本程度巻きつけて増毛するという方法もあります。
頭皮への負担はかなり軽減できる増毛法で、結毛式増毛法と呼ばれます。

こちらもメンテナンスは必要で、髪の毛の成長とともに結び箇所が浮いてしまうというデメリットがあるのです。また、結んでいた髪の毛が抜けた場合、一挙に人工毛も抜けてしまうので、注意が必要です。

自毛が存在しなければ増毛はできないのでしょうか。いえ、そんなことはありません。
薄いシートを頭皮に接着させ、そこに増毛していくという接着式増毛法があるのです。
接着剤が肌に合わない場合や、頭皮が密封されて菌が増殖してしまうようなリスクが考えられています。
金額なども考慮して、ご自身に合った増毛法を選択していきましょう。

C3の口コミが追加されました

カツラによる対策

カツラによる薄毛対策での最大のメリットは、お手軽であるという点です。
ただ被ればいいだけですので、リスクも少なく気軽に使用することができます。

デメリットとしては、やはり、頭皮が蒸れてしまい、かゆくなってしまうことや、装着中に取れてしまうといったことが挙げられるでしょう。また、皮膚温が上がりすぎてしまうと、頭皮に炎症が起きたりと、他の病気になってしまう危険性も考えられます。

カツラはメンテが必要

カツラには、主に2種類があり、頭全部を覆ってします全頭タイプと、部分的に取り付けるタイプのものがあります。また、明確な定義があるわけではないのですが、医療に関して使用するカツラもあり、医療用ウィッグと呼ばれています。

カツラも長く使用していると、劣化してしまうことがあります。
毛が抜けたり切れたりして傷んできます。
カツラにも薄毛対策をしなければいけないということです。

具体的には、就寝時には外して休ませておいたり、定期的にシャンプーをしてメンテナンスをするといったことです。また、カツラは被っていない状態で長く放置しておくと、型が崩れてしまう可能性がありますので、専用のカツラ台を用意しておくのがよいかと思われます。

カツラで薄毛対策をしようという人は、その手軽さゆえに多いことがわかっています。
カツラを購入した人向けに、そのカツラの購入費をカバーすることのできる保険までがあるほどです。また、カツラの購入自体をサポートし、補助してくれる自治体もあると聞きます。

http://よく効く薬用育毛剤.com/